読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

変化の渦ぐるぐるー

私のこと

前回の記事ご迷惑をおかけしました - hanairo~ハナイロで書いた、

「変化」について。

ちょー個人的記録にはなりますが、

同じような変化を迎える方の参考にでもなればうれしいな、

という想いで綴ります。

 

8月終わりから、9月初めにかけて、

体調もメンタルもまれに見る大時化(しけ)模様でした。

ま、メンタルは安定しているほうが少ないんですけどw

あきらかに何か、大きく舵が切られる時期なんだな、

ということを感じずにはいられない出来事が立て続けでございました。

 

事の発端は、息子の風邪をもらったことでした。

まずは私が発症する前に、息子の看病、というイベントが

布石のようにあったわけです。

今回の風邪、いかにも夏風邪っぽーい、いやらしーい、

ネチネチした症状の風邪でした。

上がりきらず長引く熱と、頭痛、全身痛。

息子も苦しそうに、二夜連続SP!的にうなされました。

で、当然私もそれに付き合って寝不足が重なりました。

 

、、、からの、私発症@8月31日。

キツかった~。

まだ夏休み最終日で家にいる息子。

私が送迎ができないため、保育園を休まざるを得ない娘。

二人とも元気なわけです。モロ通常営業です。

でも、私は、頭ガンガン、関節ギリギリ、地獄の三丁目みたいな精神状態。

おまけに寝てない。

普段なら笑い飛ばせるようなことも

いちいち、イライラしたりめちゃくちゃ落ち込んだり。

相当阿修羅化してました。

気の毒に、息子は私のイライラのサンドバック状態でした。

ま、感情を吐き出すウォーミングアップは

できていたわけです。

 

そしてなんとか迎えた9月1日。

息子を始業式へと送り出し、

まだ熱でふらつく足で娘を保育園へ。

 

その帰り、そんなに辛いのに

なぜかエキナカの本屋にふらりと立ち寄りました。

吸い込まれるみたいな感じ。

 

そこで、ふらふらーとスピ関連の棚の前に止まると

「OSHO」の本が目に飛び込んできました。

最近どうにも気になっていたOSHOです。

「おー、最近は、こんなエキナカの本屋にまでOSHOの本が!

 スピブームすげえな」

なんて手に取ろうとすると、

その隣に阿部敏郎さんの瞑想のガイドブックがありました。

なぜか、なんとなくそちらを手に取り、パラパラめくると、

「私はOSHOから瞑想を学んだ」みいなくだりが目に入り、

一人で「おー、なんたる偶然!」とコーフン(笑)

さらにパラパラめくると、

「枕をたたきつけてからの瞑想」というなかなかアグレッシブな瞑想が

目に飛び込んできました。

 

これ、今の私に、必要なんじゃね?

 

なんか直観的にそう感じて、

やり方をざーっと斜め読みし(買わないw)、

家に帰って早速実践しました。

 

2畳くらいのスペースを作って

枕がなかったのでクッションをバシバシやると

最初はなんとなく

「くっそ」「ふざけんな」

みたいな軽口とか

日常的、表層的な文句だったのが、

一息ついて余韻を味わっていると、ふと

「おかあさん」

と口をついて出てきて、

そこからはとにかく、号泣しながら「おかあさん、おかあさん」を

何度も何度も繰り返して。

クッションに鼻水垂らしながら大号泣

 

でもね、不思議なんですけど、

私、「おかあさん」に結び付く人がいないんですよ。

産みの母とは、1歳でお別れしていて記憶がないし。

育ての母である祖母は、祖母の強い意向で(笑)

「ママ」って呼んでたし。

お母さん世代をひっくるめて

「おかあさん」って呼ぶ習慣もないし。

 

でも、たしかに、私の魂が「おかあさん」を求めて叫んでるのは感じるのです。

 

しばらくするとこんどは、

「おかあさん、いない」って出てきて

「いない~、いない~」って大号泣。

自分でも、どうした!?って思うほど繰り返すと

「さびしかった~」ってまた大号泣。

 

もう完全に子供(笑)

たまに、2歳の娘を夫に預けて外出すると、

「ママを恋しがってるよ」と夫から送られてくる動画の娘と瓜二つ。

娘はこんな気持ちで泣いてたのか~、

そりゃ、この世の終わりみたいな泣き方になるわけだわ、と納得。

 

ちょっと話それましたが、

私の「おかあさん、いない、さびしかったー」

って、母がいなくなった状況を思い出して泣いてるようにも思えますが、

なんか違う気がしたんですよね。

私に「おかあさん」と呼ばせているものの正体って、

なんかもっと大きいといというか、

具体的な母親じゃなくて、

もっと根源的というか、

命の源との一体化を求める想いっぽいというか、、、

 

なんともうまく言語化 できないんですが、

大きなものに触れたような気がしたのです。

長くなったので、2回に分けます。

 

 

わずか数分で心が整う12の瞑想―あなたは心と頭、使いすぎていませんか?

わずか数分で心が整う12の瞑想―あなたは心と頭、使いすぎていませんか?