読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

カツオ、行きま~す

レイナさんとキャンベル明美さんの

満月の宇宙ギフトWリーディングを受けました

直前にひらめきで申し込み

 

ZOOMというシステムを使って

埼玉、神奈川、オーストラリアでの対話にドキドキ

真夏のオーストラリアの明美さんの後ろは

明るくてまぶしい♪

 

開始早々、まだ私の中に燻っている

「やっぱり私は愛されない」

という、拗ねについて話し始めると、

突然、のどが詰まって咳き込む私

レイナさんまで一緒に

 

どうやら外に出たくて仕方ない想いのよう

 

取り出してみると、

なんともいたずらっ子っぽい雰囲気

 

f:id:hanaeuchimura:20161214144835j:plain

捕まえても、するっと抜け出してしまう感じに

メタモン」と名付け対話してみると

 

「どうしたいの?」

と聞く私に

「もう、やめてもいいんだけどねー・・・」

といたずらっぽく笑いながら、

またどこかへ隠れてしまう

 

どうにも落ち着きないヤツです

 

「けどねー」って何だよ

 

かまってほしい、遊んでほしい

そんな風に感じます

深刻さはない

「どうせ」で、気を引こうとしてるのかな?

 

とりあえず、メタモンには

「これからも横目で見といてあげるから

 好きに遊んでおいで~」

と言うと、私のおなかのあたりに

「はいはーい」と戻って行きました

 

そして、レイナさんからは、

私の中のいたずらっ子を

「カツオ」と称されるw

f:id:hanaeuchimura:20161214152041p:plain

ここ一年かけて

わかってきたことですが、

どうにも私の本質は

小5男子らしい

自覚もある

 

聞かない、考えない

すぐ、調子に乗る

叱られるとシュンとする

それでも懲りない、反省しない

嫌なことからは全力で逃げる!

ああ、もうすべて当てはまる

 

でも、そんな私では

嫌われる、見捨てられる

ちゃんとしなきゃ

 

そう思って

自分のパワーを、

無意味で純粋なパワーを

押さえ込んで来ました

 

出木杉くんに、なろうとした

カツオなのに、、、

 

そして、条件をつけた

 

この空き地では、カツオ全開していいけど

公道に出たら、出木杉になれ、

 

条件付きカツオ

 

だったんだ

 

だから最近ね、

小1になった息子の

絵に描いたようなおバカっぷりが

気に障って仕方なかった

 

そんなことしてたら

大変なことになるよ!

公道出ちゃってるよ!

ってビーコン鳴りっぱなし

 

つまり息子は

もう条件外したら?

ってことを

伝えてくれてたんですよねー

 

苦しいわけだ

 

そして、

レイナさん、明美さんに見守られる中

もうカツオ全開で良いという許可を

自分に出しました

 

世界の中心で叫びましたよ

「カツオ、行きま〜す!」

 

なんという爽快感でしょうか

 

だってどこまで行ってもカツオはカツオ

波平に「バカモン!」と怒られても

サザエに「カツオー!」と耳引っ張られても

反省したフリでかわしながら

宿題放り出して野球に行ってしまう仕様なのです

そんなカツオを愛してくれる中嶋もいるのです

もちろん、波平もサザエもカツオを愛しているでしょう

私もそんなカツオを愛する一人です

 

これからも

公道に出たらまたビーコン鳴るかも知れない

波平のカミナリがフラッシュバックするかも知れない

なぜ、俺はカツオなんだ

と涙する夜があるかも知れない

 

それでも、もう 

 

カツオで行く

来年はカツオ年

 

しいたけさんもそう言ってるし

 

http://voguegirl.jp/feature_issue/shitake2017-h1/contents/01aries/