hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

しあわせって

しあわせって

嬉しいこと、

と同義なんだと

なんとなく思ってました

 

嬉しいことが起こること

続くこと

 

ラッキー=ハッピー

 

でも、最近

もしかすると

しあわせって

 

このままで充分

何もいらない

 

そういう状態のことなのかも

と思います

 

 

 

先日、胸にしこりを発見し

乳癌の検査を受けました

 

結果は異常なし

 

念のため、

くらいの、軽い気持ちで受けたので

結果を見ても「やっぱりね」

で終わるだろうと思っていたのに

 

予想外にも

病院からの帰り道

涙が止まらなくなり

なんならマスクの下で

一人こっそり嗚咽をもらしながら

 

夫の顔

子供の顔

友達の顔

自分の家や

住んでいる町

通っていた場所

 

それらと過ごせた時間

すべてに感謝が湧いてきて

 

ああ、私はもう既に全部持っていて

完璧なんだなぁ、

幸せなんだなぁ、

と、感じたのです

 

知らない家の庭先に咲いてる花を

見れたことにも感謝しました

 

なんか脈絡ないけど

すべてが当たり前だけど当たり前じゃなくて

すごいことって感じがしました

 

 

病気の辛さも、健康のありがたさも

家族のいる喜びも、上手くいかない辛さも

仲間がいる嬉しさも、孤独や寂しさも

お金のある安心も、お金のない不安も

子供のいる幸せも、子供を喪う悲しみも

 

ぜんぶひっくるめて

完全なる豊かさに包まれている

 

子供と笑い合うことも、本気でムカつくことも

バカ騒ぎも、自己嫌悪も

暑いも、寒いも

一人時間満喫も、暇すぎて死にそうなことも

 

ぜんぶぜんぶ

 

豊かさ

みっちみち

 

私は受け取り味わうだけ

なんだな

それだけでいいんだな

と思いました

 

在るものは、そのまますべて在ればよし

 f:id:hanaeuchimura:20161221221342p:image

 

そんなことを、お友達のブログを読んでいて

感じたのでした

葉っぱ隊、なつかしすぎる

http://leaf-eccence.hateblo.jp/entry/2016/12/18/153217

 

 

そして、そんなことを考えながら

子供を寝かしつけていたら

三歳の娘がなぜか

菩薩のような微笑みを浮かべながら

ずっと私の頭を抱いてナデナデしてくれていました

 

本人、半分白目剥きながらでしたが

何度見ても菩薩スマイルはキープされていて

なんだか

「やっとそこが、わかったのね」

と言われているような気分でした