読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

扉はいつも開いていた

毎朝、大体同じ時間に

電車で娘を保育園に送ります

いつも並ぶホームの場所に

ダウン症の青年がいます

10代後半くらいかな

 

彼もまた、

大体同じ時間に、同じ車両に乗ります

 

一年以上、

ちょくちょく顔を合わせていましたが、

今まで話すことはありませんでした

 

目が合って、ニコっとすることはあった

 

でも正直、

何を話していいかは分からなかった

 

彼はいつも、1人で何かを話している

電車好きらしく

駅のアナウンスを真似したり

駅員さんに「おはよう」って挨拶したり

あと、月に一回「おかあさんといっしょ」の

雑誌をうれしそうに読んでる日がある

 

三歳の娘は興味シンシンで

雑誌をのぞいたり

彼の独り言を聞いていたり

彼がいない日は

「おもしろいおにいさん、いないね」

って探したり

 

で、今朝、三人席に腰を掛けたら

彼が私の隣に、少しためらってから座ってきた

 

しばらく窓の外を見ながら

何か話していたけど

途中で歌い出し、ギターの弾き真似を始めた

 

そして、一息つくと

私の方を見て、ニヤリと笑ってきた

「ギター弾けるの?」

って聞いたら、

「きっと弾けるさ」

って笑ってまたエアギターを弾いてみせた

 

うれしくなった

娘も席の上で踊り出した

 

駅に着いた

「おりるね」って言うと

「うん、バイバイ」って手を振って

娘には

「はい、バイタッチ」ってタッチしてくれて

 

なんだかね、変な表現ですが、

私が小さい子供で

大人に遊んでもらって

送り出してもらった

そんな心地になった

 

電車を降りると娘が

「カカ、おもしろいおにいさんと

   おはなしできたね」

ってうれしそうに手を握ってきた

 

「おにいさん、すき?」

って聞くと

「うん!」と頷いて走り出した

 

そのとき、なぜか涙が止まらなくなりました

 

心を閉ざしていたのは私なんだ

彼も、娘も、この世界も

私の胸のドアが開くのを

ただじっと待ってくれていたんだ

 

開けてごらんよ

こわくないよ

 f:id:hanaeuchimura:20170413103650j:image

 

そう言われている気がしました