hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

親切

居場所がない、の続きです

(ちなみにこれ、「免許がない」のパクリのつもりなんですが、分かった人いるかな?)

 

子供が隣町の保育園に通いだしたことをキッカケに

初めての感じた地元的愛着

広がって行く人間関係

 

こりゃ、隣町に引っ越すしかないでしょ

 

当然の流れのようで

なかなか思いつきませんでした

 

理由は2つありました

 

ひとつには、父親の存在

なかなかの破天荒な彼 

 

戸籍的には、一歳の時に縁の切れた父ですが

私が6歳になる頃

新しい奥さんを連れて突然戻ってきました

住むところがなかったのか

しばらく実家に身を寄せて

二世帯みたいな感じで一緒に暮らしました

 

変な感じでした

実の父親が私以外の家族と

上の階に間借りしている 笑

 

父親だけど、お父さんと呼ぶことは許されない

新しい奥さんは、私を目の敵

嫉妬ですね

子供の私には理解できませんでしたが

 

しばらくすると子供も生まれて

(私から見ると異母兄弟ですね)

小学校に上がるタイミングで

引っ越していきました

 

でも、なぜかすぐ

近くに戻ってくるのです

なんだかんだで、大体は

徒歩五分くらいの場所に住んでいました

 

祖父母のことも気になったし

たぶん、私にも

負い目を感じていたのだと思います

 

そんな彼も

子供達が独立し、

奥さんも亡くなり

一人暮らしになりました

 

ある時期から時々

孫(うちの子供)の顔を見に来るように

なりました

 

初めての親子っぽい時間でした

 

でも、ある日を境に突然来なくなりました

 

正式な孫が生まれたのです

戸籍上の初孫

つまり私の異母弟の子供ですね

 

そのとき私は、寂しさと同時に

どこかでホッとしていました

 

私、無意識に

親孝行しなきゃ、

孫の顔でも見せて

孤独を癒してあげねば、

などと思っていたみたいなのです

 

自分でもビックリでした

どごまでお人好しなのだ、と 笑

 

 そこではじめて、

あ、もう、ここにいなくてもいいのだな、

と湧いてきたのです

 

そして、物件を探し始めました

 

でもなんだか気持ちがアガらない

 

なんだろう、、、

 

そんなふうにモヤモヤと過ごしていたら

包丁で親指をザックリ切ってしまいました

 

辛うじて薄皮一枚で

肉片はつながっているけど

人生はじめての深さの傷と出血量

 

夕飯時なので応急処置で様子を見ましたが

なんで、このタイミングでこんな怪我?

と引っかかりました

 

怪我はなかなか治らず

痛みは引かず

家事もできない

趣味のギターも弾けない

 

 親指に心臓が引っ越してきたかのように

ドクドクし

出かける気にもなれません

 

引きこもりがちな日々を過ごしながら

ちょうどよいので

内観しました

 

なんで、スッキリ引っ越せないの?と

 

そしたらね〜、出てきたんですよ

 

「だって、おじいちゃん、おばあちゃんが

    寂しがるもん」

 

って声が

 

辛い出来事の多かった祖父母の人生

私に希望を託されているのを

ひしひしと感じて育ちました

 

この人たちを幸せにしなきゃ

笑顔にしなきゃ

と頑張ってきました

 

結婚してからも

遠くにいってほしくない

と訴える祖父母のために

徒歩五分圏内の物件ばかりに住んできました

 

新婚当初は

私がいなくなって

祖父母が寂しく不安なのでは?

と夜中に泣きながら目を覚ますことも多々ありました

 

今思うと尋常じゃない必死さで

彼らを守ろうとしてたんですね

 

その残骸がまだ残ってたみたいです

亡くなったあとまでも

 

なんだ、そんなことで

引っ越しに踏み切れなかったのか

 

分かればスッキリ

 

よく頑張ったよ、私

おじいちゃん、おばあちゃんを

守りたかったよね、笑顔にしたかったよね

でも、もう十分やったよ

これからは自分のために生きていい

 

自分の住みたい場所

そばにいたい人達と

自分の世界を作っていっていいんだ

 

自分なりの地元

自分なりの生活

 

 

今までこの街に愛着を抱かなかったのは

祖父母のために住んでいる

(少しは父親のためにも)

祖父母の人生の延長を生きている

ような気がしていたからなんだなぁ

 

もうそこから自由になっていいんだなぁ

 

だから、"親指"ザックリ事件も起きたのかもなぁ

 

なんてことを思ったのでした

 

f:id:hanaeuchimura:20170617215714j:image