hanairo~ハナイロ

湘南 大船 セラピーサロンhanairoのブログです

京都①

連休最終日、

夫と子供たちに見送られて

朝6時に出発

 

寝ぼけてたムスメ、
最初は、いってらっしゃ〜い
って二度寝しそうだったのに
急に起きて泣きながら門までついてきた

息子は泣くの我慢してるし

夫は私のためにお弁当用意してくれてるし

たった一泊二日なのに
なんだか遠くにでも旅立つ気分

 

泣いてるムスメを見て一瞬、
母が出ていった時の私もこうだったろうか?
と思う

でも、振り返って手を振りながら
いやいや違う、と思う

 

母が帰ってこないことに
私は最初気づかなかっただろう
まだ一歳だ
今日の私みたいに
すぐ帰って来るんだろう
と希望を持っては次の朝を迎える
そして、帰ってこないと落胆し
を繰り返し、少しずつ事実を
自分に染み込ませていったのだろう

それはそれはつらい作業だったろう
忘れるしかなかったろう
えらかったね、私、と労う

 

それと同時に
そんな辛かったことも含めて
過去が塗り変わったと感じる

一度は真っ黒だと思い込み
自分で真っ黒に塗り直した過去

 

でも少しずつ少しずつ
思い出した子供の頃をつなぎ合わせると
そこには再び豊かな色彩が浮かび上がる

 

おかっぱ頭で
やたら正義感が強く
強い意志をもって近所を駆け回る

明るい色ばかりではない
暗い色もある
でも、本当に美しい幸せなグラデーション

 

そりぁもちろん
悲しいことも辛いこともあったけど


愛されていたなぁ
守られていたなぁ


しみじみそう思う

 

無理に感謝に変えようとしていた時期もある
悟ったぶりっ子したこともある
それはすべてを白に塗りかえようとする行為だった

でも今はそれともちょっと違う
不思議な感覚だ

腹の底からふざけるなと思ったこと
悲しくて身がよじれそうだったこと
それも含めて
私の魂はいつも躍動してたなぁ
生きてたなぁ
それでオッケーだなぁ

そう思う

いつの私も大きな愛に包まれてる,。、
今の私が過去の私を大きく包み込んでいるように
今の私も未来の私に愛されて守られている

だって時間は未来から流れてくるんだから

だから安心して
悶えよう

 

と、ここまでが、

京都に向かう新幹線で書いた内容

 

このあと、怒涛の一泊二日が始まり

私の心もめまぐるしく変化していくのですが、

長くなったので次へ

 

f:id:hanaeuchimura:20170919170932j:image